FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/04 (Wed) ロンドン1

初めての旅先で見たいものや知りたいことを律儀に果たそうとしたら切りがない。着いた場所から歩き始めて行き着くところで腰を下ろし、その途中で見つけた何かを小石のようにポケットに拾い集めて、持ち帰れればいいと思った。

これは松浦弥太郎さんの文章。
ロンドン初日、友人夫婦は仕事のため僕1人で過ごしました。気持ちよさそうな公園を目的地に定め、そこへの方角だけを頼りに歩きました。
世界中の人種の標本みたいな雑踏や、大昔に建てられた建築物の近くに建設中のガラス張りの丸みを帯びた高層ビルや、高級ホテルのいかにも英国紳士風のドアマンや、歴史ある教会なんて興味なく好きな男子の話(たぶん)をしている修学旅行生や、東洋と西洋が半々くらいでミックスされた美しい女性の顔や、ボリューム満天に見えたけど実際にはそうでなかった値段の高いサンドイッチや、明日雪が降るなんて想像もしていない公園の花壇に咲いた色とりどりの花や、見慣れない街から見る見慣れた青空や、草一本生えていない石造りの道なんかを眺めながら足が疲れ果てて動かなくなるまで歩いていました。
夕方には仕事を終えた友人と美術館に行き、パブへ行き、エチオピアンレストランへ行きました。パブではビアサーバーでない、よくわからないものから冷たくないけれど、香りのいいおいしいビールが出てきました。たぶん旅行前に観光本に目を通せば見かけたロンドンパブの名物だと思いますが、ロンドンに関しては一切下調べをしていなかったので驚きました。「知らずに行く」こんな楽しみ方もいいな。エチオピアンレストランはビーガン料理(肉魚乳類を一切使わない)。スパイスの効いた野菜料理が6品並んだ大皿が1枚(4人で1枚)出てきて、それを過発酵の酸味の強い薄焼きパンのようなものにくるんで手で食べます。これがうまかった。この店の料理はこれ1品のみ。いつ来てもこれ1品。飲み物もなし。なので僕たちは近くのスーパーでビールを買って行きました。店員さんに栓抜きを借りて乾杯。店員さんはエチオピア人。なんて楽しい店だろう。

P1070459.jpg

nou days | trackback(0) | comment(0) |


<<ロンドン2 | TOP | ひと息>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://we831.blog.fc2.com/tb.php/571-37fd2676

| TOP |

プロフィール

耕吉

Author:耕吉
杉村翼/つばさ/ウォーリー

  有機野菜農家 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。